FC2ブログ

03/30のツイートまとめ

sakuramankai23

@mochabethmama 脾臓の破裂とゆう言葉でチャロの事を思い出します、チャロのお腹には3000㏄以上の出血がたまっていました、愛犬が苦しむのはつらいです、最後まで撫でてあげて下さい
03-30 18:48

スポンサーサイト



大館あめっこ市秋田犬パレード

昨日に引き続き大館のあめっこ市の秋田犬達です
秋田犬のパレードが始まってステージ前に集結しました
DSC_1656_20200209183915659.jpg
司会の方が名前とか紹介してましたが、ほとんど記憶してません出陳名簿とか配布してほしかったな
DSC_1663_20200209183916170.jpg
参加頭数は12頭でした
DSC_1666_2020020918391837d.jpg
DSC_1669_202002091839198f0.jpg
ほんとにいい子たちばかりで、観客にサービスたっぷりでした
DSC_1670_2020020918392119a.jpg
DSC_1671_20200209183922af6.jpg
DSC_1675_202002091839241c3.jpg
この子はまだ5か月のパピーちゃんです、本とめんこいですね
DSC_1678_20200209183926649.jpg
DSC_1682_20200209183927f49.jpg
この子は純ちゃんのお孫さんの令香ちゃんだよね
DSC_1684_20200209183928a38.jpg
DSC_1689_20200209183930db5.jpg
そして友達の純ちゃんです、何か貫禄ついてきましたね、そして骨格の大きさを感じます、天ちゃんや龍ちゃんが大きいのは純ちゃんの遺伝子かな
DSC_1693_202002091839319e3.jpg
そして天ちゃんの子(純ちゃんの孫)のあきらちゃん顔立ちが精悍になってきましたね
展覧会もいけるんじゃないの(ハンドラーはBlancさんが飛入りでやってましたね)
DSC_1694_202002091839330c4.jpg
DSC_1695_20200209183934bbd.jpg
沢山の秋田犬にあえてほんとに楽しい一日でした、何時か準備が整えば又秋田犬を飼いたいなと思い始めました

大館あめっこ市はもふもふが一杯

昨夜は雨が降って雷も鳴り響き、今日のあめっこ市の天気が心配でしたがよく晴れました
DSC_1610_20200208155646ea7.jpg
今日は午前中の天気が良いみたいだったので、早めに会場入りしてモフモフ達を待ちました
枝につけた飴がキラキラ輝いてきれいでした
DSC_1613_20200208155647a80.jpg
会場の中央付近まで行くと居ました、遠くからホウスケ君と分かりました
DSC_1614_202002081556492a8.jpg
お父のことペロペロ舐めてくれて友好的でした、癒し系秋田犬のホウスケ君は最高です
DSC_1620_20200208155651c2e.jpg
次に見つけたのは「とある秋田犬ムック」のムック君は鹿角市から来たんだよね
DSC_1622_20200208155652845.jpg
少し首を傾けた表情がとても可愛いですね
DSC_1632_20200208155654f31.jpg
ステージ付近で秋田犬パレードを待ってると白ひげ大神巡行が始まりました、神様の案内役のおこうちゃんは、ちょっと緊張気味だったけど、可愛かったですよ
DSC_1639_20200208155655e4a.jpg
そしてステージ付近にはモフモフ達が集まってきました、京都から来てくれたわこちゃんとランラン君です
DSC_1643_20200208155656a2a.jpg
そして北海道からは春ちゃんと結夢チャン姉妹です、春ちゃんママさんからチャロ君に会いたかった~と声をかけていただきました、皆さん優しい方々ですね
DSC_1644_2020020815565867e.jpg
わこちゃんのトレードマークのリュック、
DSC_1648_202002081556597cb.jpg
この子はキューちゃんだったかな?ごめんなさいお名前違ってたら教えてくださいね
DSC_1650_20200208155701df2.jpg
ランラン君いたずらっ子な顔してるな~
DSC_1654_20200208155702ab0.jpg
春ちゃん結夢ちゃんが一緒にお座りしたら、みんな喜んで拍手してくれた、何か嬉しかったです
DSC_0212_2020020816310320b.jpg
今日お会いした皆さんからお土産を沢山いただきました、帰ってきてから「いっぱいもふもふしてきたよ」とチャロに報告しました、本と秋田犬が好きな皆さんは優しい人たちです、皆さんありがとうございました、又何時か会えたらいいですね
秋田犬パレードは明日のブログでお伝えします

49日を迎えました

チャロが亡くなってから49日がたちました、仏教の教えでは極楽浄土へ49日かかってたどり着くと覚えていますが
今頃チャロは極楽で幸せに暮らしているだろうか
映画「僕のワンダフルライフ」のようにチャロが来てくれないかと願ってしまいます
DSC_1485-1.jpg
DSC_1487-1.jpg
昨日この子たちに癒されました ハチ子 もも そしてママさんありがとう
久しぶりのもふもふは気持ちよかったです

12/30のツイートまとめ

sakuramankai23

@mochabethmama ご無沙汰してます、タイガ君の元気な姿見れてよかったです後は病理検査の結果が何事もなければいいですね
12-30 16:21

少しおちつきました

チャロが亡くなってからもう少しでひと月になろうとしてます
沢山の方々からお悔やみや、私たちへの励ましの言葉に感謝します
今年撮りためたチャロの写真をアルバムにしようとしましたが
写真を見るたびにこの時チャロは具合が悪かったのかな?
私たちに気を使ってくれたのかなと色んな思いがめぐってきて
今年のチャロの写真は当分見ることができません
DSC_0001_BURST20191208164730487.jpg
チャロのお骨は我が家で安置することにしたので骨箱を作りました
これで寒い冬も小屋の中で暖かいでしょう、
チャロ何時までも一緒だよ

チャロが亡くなって初七日を迎えました

チャロが亡くなって沢山の方々からお悔やみのコメントいただいておりますが
返事をかけずにいることをお許しください、ガウガウのチャロでしたが沢山の方々に注目されていたのだと今さらに驚きました
我が家のご近所の方々もわざわざお悔やみに訪れる方もいて涙を流しながら言葉をかけていただいております
小さな集落ですがそれだけチャロの存在感は大きかったのかなと思いました
そしてお花を送ってくださった皆さんありがとうございました、チャロの周りに飾りました
チャロを火葬してからは骨壺に毎日「おはよう」「行ってくるよ」「ただいま」「おやすみ」と声をかけるのが日課になりました
何時までも私たちの中では元気なチャロなんです
1574241966897.jpg
この写真は帰省中の娘が撮ってくれましたが、これが最後の写真になりました
DSC_0200_20191124183345917.jpg
土曜日曜と休みだったので、色々片付けました、掃除をしててチャロの抜け毛の多さに笑ってましたが
これがだんだんに少なくなっていくのかなと寂しさも覚えます
チャロが何時も居た風除室の中も掃除しました、壁の黒いしみはチャロが寄りかかっていた跡です
これを見るとチャロの幻影が見えてきます
DSC_0201_20191124183347460.jpg
チャロを保護してくれた実家のママさんがわざわざお花を持ってきてくれました
チャロの為に沢山涙をこぼしてくれたそうです、本とにありがとう、あなたが居なけば私たちはチャロに巡り合えなかったのです
チャロを応援してくださった皆さんほんとにありがとう

娘が作ってくれたビデオに癒されますありがとうね

今日火葬しました

チャロが亡くなった後、火葬場へ電話するも出ませんでした、聞いたら友引は休みらしい
市役所へ電話して火葬場の予約がすぐでき、慌ただしく葬儀屋さんへ骨壺の予約や花屋さんへ花をお願いしたりと慌ただしく過ごした次の日でした
仕事場には愛犬の火葬なのでと休みをいただきました、午前中には市役所へ火葬許可証をもらいに出向き
登録抹消の手続きもしてきました、北秋田市民だと火葬料金は5000円だそうです。それ以外だと数万円かかるらしいですね
家に帰ると知り合いの葬儀屋さんが骨壺を持ってきてくれました、骨壺を見てチャロ君入るよねと心配していました
チャロの大好きな大工さんにチャロの棺を作ってもらって昨夜はお母と二人でチャロを棺に納めました
生身のチャロを見るたびにお母は泣いてしまいます、棺に横たわるチャロは動かない縫いぐるみのようです
チャロの火葬には大工のおじさん夫婦も来てくれました、これはチャロを出棺するには一人では無理だったので
おじさんにお願いしたら奥さんも一緒に行ってくれると来てくれました
棺に入ったチャロはほんとに重かったです
火葬場に着くと係の方が大きな犬と聞いてたみたいで、運ぶ前に見せて下さいと言いました
この棺だと窯の中に入らないかもと心配してましたが、それだと生身のまま窯の中に置くらしい
それは嫌だったので、やってみようよと大工のおじさんと三人でどうにか棺を窯の中に納めることができました
(ペット用の窯は別の窯でした)
係の方が大きな犬なので火葬には1時間以上かかりますと言われ、控え所でチャロの思い出や
最後の様子を話しながら過ごしました、収骨するとチャロの体の異常が少しわかって骨の中にも出血が有ったようでした
これで火葬も終わり一区切りつきました、チャロを忘れることはありませんが
ガラス越しの玄関に何時も居るような錯覚はまだまだ続きそうです
DSC_0199_20191120173757165.jpg
今頃たくさんの仲間に囲まれて走り回ってるでしょうね、チャロ元気でね
プロフィール

こまふみ

Author:こまふみ
大好きな秋田犬の写真を沢山公開します

最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR